2005年06月21日

ミュージカル・バトンとチェーンメールその2

ただのにっき(2005-06-21)にレスポンスがあったので、そこに反応して書いてみた。

gekka blogではチェーンメールとMusical Batonの違いを述べているが、残念ながら両者の立脚点が異なるので比較になっていない。チェーンメールには好意も興味もないことを立証しないとね。

うーん。
私は、ミュージカル・バトンとチェーンメールの相違は、
「伝えなきゃ」という選択によって、同じコンテンツが伝播し続けるのか、
「これを聞いてみたい」という選択によって、その興味に応答するべく、それぞれにちがったコンテンツが発生し伝播し続けるのか、

にあるよね、と考えてます。

(だから、
「チェーンメールには好意も興味もない」
ということではなくて、
「伝播の様式がチェーンメール的であるとしても、ミュージカル・バトンの存在意義は、伝播そのものではなく、「誰かへの(音楽に関する)興味」にあるんじゃないかなあ」
ということを書いてみたわけです。
それ故に(興味によって伝播している「質問」故に)、「有意な情報」が生成されうるんじゃないかなあと)

ことこ・本と花びら大回転! - 電気羊はセクサロイドの夢をみつづける
コメント欄に、

同じもののコピーが出回るんじゃなくて読み物として楽しめるものだからチェーンメールともまったく別物のように私は感じてます。

とことこさんが書いているように感じたということで)

そこで伝播しながら生成されるのは「100質」「占い」「恋愛頭脳」等々の伝播の時と同様に、あるフォーマットをふまえた、それぞれの自分語り、というコンテンツで、それ自体は、それを書いた人に興味があれば有意な情報であり得る、と。
(どんな人にどんな風に回すんだろう、というのも有意な情報でもある)

んで、それはやっぱりチェーンメールとは相違した点のように考えます。
バトンによって生成されるコンテンツは、バトンの前後にある「興味」によって、(原理的には)読まれるべき「価値」のあるものになっているはずなので。
(個別に「そんなものに「価値」はない」とする判断はあり得ますし、それゆえにの「バトンを受け取らない」という選択肢もあるわけだし)

そのあたり、どうなんでしょう?


しかし、その伝播の様式がチェーンメール的である点において「キモい」という反応は全然アリかとは思います。チェーンメールではないとしても、バイラルな伝播をするのは確かだから。
ミュージカル・バトンの受け渡しの前後において(ミクロ的に?)有意な情報が生成されているとしても、マクロ的に見ればチェーンメール的MLM的な(私も拒否感を覚えるような)伝播の仕方なのは確かだし。

ただ、ここまで伝播したのは、
ミクロ的視点からの面白さ(興味)>マクロ的視点からの気持ち悪さ
と多くの人が思った(感じた)からだろうなあというのは思うけど。

(むしろ個人的には、「どの程度の伝播力だったら、マクロ的視点からの気持ち悪さを感じないのか」というところに興味がある。たとえばバトンを渡すのが何人なら、チェーンメール的に感じないんだろうか?)


(まあ、チェーンメール的であることのほかにも、否定的に感じるだろう要素はいくつかあって、たとえば、
「回ってくる・回ってこないによって選別されるのが不愉快」な点とか、
「フォーマット固定されることへのマイナス」な点とか、
「回したからには答えろ、と言外に脅迫的なコミュニケーション要素を内包している」点とか、
あるんだけど、今回はそれはさておく)


といった感じ。


参考になるかもしれないリンク
Mint Julep - 石川忠司『本: 現代小説のレッスン』 , なんちゃらバトンとか、そういうリレー企画とか
焚書官の日常 (4.4.1) - バトンについて
個人的には、この程度の情報であれば、オリジネイターの存在や意図については検証しなくてもいいかなあとは思った。でもたしかに気持ち悪い(個人的には「ケツの据わりが悪い」感)と思うのもわかるな。
gekka blog: 地震の記事ねえ
ソーシャル・ネットワーキングサイト [mixi(ミクシィ)] | ミュージカルバトンとチェーンメール <みれる人はどぞ
ひま日記@Nekomimi.info:Musical Batonに対する考察
むだづかいにっき♂:Musical Baton 雑感
トラックバックを軸にした考察。コミュニケーションツールとしてのTBというレイヤの話ではあるけど、「TBでバトン回してくんなウゼー」はそれはそれとしてありそう。

6/22 15:06 ちょっと追記して修正。
6/22 18:14 リンク追加ー。

投稿者 Masatoku : 2005年06月21日 15:50 このエントリーを含むはてなブックマーク

books can be related to this entry